Twitter歴10年にして初めてアカウントロックを喰らった件、及び対処方法(二段階認証設定法)

      2019/03/14

それは、突然、やってきた。

早朝に起きた際にスマホチェックするのがもう殆ど習慣となっているワタクシ、SNSアプリを順番に開いていくのですが、Twitterを開いた時に突然、いつものホーム画面が一瞬表示された後に表示された見慣れない画面。

そうです、急にアカウントロックされてしまったのです!!


いやぁ~まさに、「青天の霹靂」とはこういう事を言うのでしょうか。

…ってか、オレがTwitterに何かやらかしたんか?あ゛ぁっ?!

と画面に向かって朝から暴れましたよ💦(いや実際は単にびっくりしただけw)

しかしながら初めての経験の為、朝っぱらから考えてしまいました…とりあえず、いつもよりも早く起きてて良かった…💦
何度か、アプリを起動・再起動を繰り返してるとちょっと文章の違った画面が出てくるようになったので、画面の小さく書かれた文をよく読んでみたら、「あなたのアカウントが不審な動きをしたのでアカウントを当面ロックしました。アカウント再開するなら電話番号を入力してロック解除してください」(←要約)という内容が書かれており、「+81日本」(←おそらく国名番号)そして電話番号記入欄、「コードを送信」というアイコンボタンが下部にありました。

電話番号は普通に10桁の番号を記入し、それから送信します。これは、ログイン用二段階認証を登録するための必要項目でもあります。それで即、電話番号をTwitterに登録することになります。まぁ正直な話、ちゃんと事前に電話番号を登録しておくのが一番良いと思いますが。私の場合は、他携帯キャリアへの移転で電話番号を変えた経緯があるため、すっかり忘れていてTwitterに電話番号を登録していなかったのです。とか言いつつもFacebookのほうは、FB本体はじめ他のSNSへのログインにも使っている関係で、しっかりと電話番号を登録してあります。

さて、アカウントロックの解除の手順を説明しましょう。
先ず、手元に紙と筆記道具(ペンや鉛筆)を用意しておきます。それからTwitter画面にある電話番号記入欄に自分の携帯の電話番号を登録し、送信ボタンで自分の携帯の電話番号宛てに送信させると、すぐに「不明」というユーザー名での電話がかかってきます。「こちらはTwitterです。ログイン認証番号は******(6桁の数字)です。」というオートアナウンスが流れます。3回流れますので、その間にしっかりとメモ書きしておきます。3回リピートしたら自動的に切れるので、必ずメモしておいてください。すぐ覚えられて暗唱できるくらいになるとかいうのであればそうしてもいいと思いますが、念のため書き留めておいたほうが無難です。
そして、Twitterのほうでは認証コードの記入欄がある画面になりますので、正しく数字を登録して送信します。(←この画面のスクショしてませんので写真が無くて失礼💦)
これでOK!!👍あとは次第に復旧していきます。(なかなか表示されなかったりしますが、ゆっくりと戻っていきます)

っていうかさ、↑この画面が出てきた時に「解除に手間かけさせんなよ、ロックやめろや、ロックを(#^ω^)」と思ったのは私です…💦

Twitterのヘルプセンターに、
「ヘルプセンター」→「ユーザー名とパスワード」→「ログイン認証を使用する方法」に、上述したのと同じ内容ではありますが、こちらには認証コードをSMSメールで認証用コードが送れるのか電話でのオート音声でのコードの案内になるのか、スマートデバイスの対応機種のリンクが張られているので自分のスマートデバイスは使えるのかがすぐにわかると思います。(正直なところ、うちよりもここのページのほうがおすすめw)
電話番号を登録するという行為が、情報漏洩のことを考えて想像してしまうと、なかなか登録に踏み切れないとは思うのですが、私みたいに今回のようなアカウントロックによる強制の登録を余儀なくされる…というよりも、あらかじめやっておくと、後々に助かります。

悪い事言いませんから、
絶対、設定やっとき~!今すぐやで!!

 - SNSに思うこと, テクニカル雑記総合, ブログ