LINEの新サービス、めっちゃデキる子♪

      2015/02/24


とうとう、というかいよいよ…的な感じで、満を持して出てきた感があるなぁ…かなりのビッグニュースだと思う。
新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」が開催--会場の模様を時系列でお届け
尊敬する有名ITライターの皆様方がこぞってこのニュースを紹介していたので読んでみたら、これはスゴいかもしれない…「LINE Showcase 2014 Feb.」で発表された新サービスのこと。

LINEの審査に通ったクリエイターが自社で制作したLINEスタンプを販売出来るようになる「LINEスタンプのオープン化」。これは巨大なマーケットになりそうな予感。むっちゃ楽しそうだ♪
そして、発表された中で一番のビッグニュースが、企業がLINEユーザーに情報発信できる公式アカウント向けの新たな仕組み「LINE ビジネスコネクト」。現在も「LINE@」という形で集客に使ってる企業が多いけれど、もしかしたらメルマガ広告やビジネスレターなど、多くのマーケティングシステムがコレに取って代わりそう。現行サービスの「LINE@」が発展した形で更にもっと身近なサービスになったことは、マーケティング的にかなり大きいんじゃないかな〜と…この「LINEビジネスコネクト」の登場で、既存のWebマーケティングが劇的に変わると言っても過言じゃない…そんな革命的なサービスになるんじゃないかなぁ。

そして、ここからは個人的な見解ですが、たぶん他のSNS…特にFacebook辺りがやりたかったであろう、「公式アカウントへピザのスタンプを送るだけで宅配ピザが注文できたり、レンタルショップから前日に返却の連絡を受け取ったりできるようになる」サービスシステムや、「ユーザーの同意のもと企業の顧客データベースや自社システムとLINEアカウントを連携させることで顧客管理ツールとして利用出来たり、店舗でのシフト連絡などもLINEでできる業務ツールとして利用出来る」サービス、これらはかなりの「革命」だと思います。
LINEの特色であるパーソナルトーク機能を活かしたサービスが、メルマガやビジネスレター等の代わり、若しくはそれ以上のツールになる可能性は「大」ですね。

また、Facebookは、広告に関してはLINEに追い抜かれること必須だと思います。Facebook広告による集客マーケティングも、潮時というか転換期に来ているのかも知れません。
ただ、先日発表された、FacebookによるWhatsApps(米国ではシェアNo.1の、LINEのような無料通話&メールアプリ)の買収もありましたし、もしかしたら、FacebookがLINEに追随(要するに真似っこw)する可能性も、無きにしも非ず…??
同業の通話&メールアプリとして、LINEとWhatsAppsはサービス面やUI面で拮抗するようになってくるだろうなぁ。

そして、スマホ・フィーチャーフォンへは、国内外問わず1分6.5円、固定電話へは1分2円という格安料金で電話できる「LINE電話」は、既存の通信業界ではかなりの驚異的存在となるんじゃないだろうか。
日常生活の中に入り込んでくるLINEというSNS。…よく、SNSはもはや日常になくてはならないツール、と言われるようになったけれど、このLINEの新サービス、驚くほどの速さで日常に根付いていくことでしょうね。

ま、あとは、10代辺りの若者ユーザーへの規制をどうするのか…新しいサービスを打ち出しても、それがまた「別の使い方」での「温床」になるのをどうやって防ぐか、でしょうね…
いまだに、そこがネックだろうし。

私としましては、LINEの動向を、今後も見守り続ける予定です。現行サービス「LINE@」や、以降の「LINEビジネスコネクト」に関するご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


 - Webそしてインターネット, ブログ